消費者金融カードローン

消費者金融でお金を借りる3つの注意点とは?メリット・デメリットと合わせて解説

消費者金融でお金を借りるのに抵抗があるという方は少なくありません。

ですが、実際には利用者の満足度は高く、緊急の手助けになります。

今回は、消費者金融を少しでも安心して利用できるように、消費者金融でお金を借りる際の注意点やメリット・デメリットをご紹介します。

消費者金融を利用しようか迷っている方は、本記事を読んでおけば安心ですよ。

消費者金融とは?

消費者金融とは、一般の個人に対して小口融資を行っている賃金業者のことです。

以前までは「サラ金」と呼ばれていました。

サラリーマンに高額な金利で貸し付けを行っていた業者が多かったので、消費者金融に関して悪いイメージを持っている方も多いでしょう。

ですが、消費者金融はクリーンに運営されているため、過度な借り入れや違法な金利での貸し付けは行っていません。

特に大手消費者金融は安心して利用できます。

しかし、消費者金融のなかには、貸金業として登録せずに違法に営業している「闇金」や、健全を装っている悪徳業者も存在します。

消費者金融と銀行系・信販系の違い

消費者金融と銀行系・信販系カードローンの大きな違いは下記の3つです。

  1. 融資までのスピード
  2. 金利
  3. 審査基準

それぞれの特徴を下記の表に記載しました。

融資までの早さ 金利 特徴
消費者金融 早い 高い 無利息期間が用意されているものもあり、融資までが早い。
審査は優しい。
銀行系 遅い 低い 融資までは遅いが、金利は低い。
審査は厳しい。
信販系 普通 低い 融資までが早く、金利も低い。審査は厳しい。

消費者金融の特徴は、審査が優しく、融資までのスピードが早いことです

金利は他と比べると高いため、短期間での少額の借り入れに向いています。

また、ネットやコンビニでの取引が簡単にできる利便性の高さも大きな特徴です。

国内の大手消費者金融5社

国内の大手消費者金融は下記の5社です。

  • アコム
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • レイクALSA
  • アイフル

借り入れに不安がある方は、大手5社の中から借り入れを行うと安心して利用できます。

消費者金融でお金を借りる3つの注意点

消費者金融でお金を借りるときの注意点は下記の3つです。

  1. 銀行系カードローンに比べて高金利
  2. 手軽に借りられるため消費しやすい
  3. 総量規制の適用(例外あり)

それぞれ詳しく解説していきます。

銀行系カードローンと比べて高金利だが100万円以上は数%の違い

消費者金融の金利は、銀行系カードローンに比べると高い傾向にあります。

それぞれの金利相場は下記のとおりです。

消費者金融 年3.0%~年18.0%
銀行系カードローン 年1.8%~年14.6%

※あくまで相場の目安です。

銀行系カードローンに比べると、下限金利も上限金利も消費者金融の方が高く、最終的に返済額が多くなります。

ですが、100万円以上の借り入れを行う場合、金利の差は年1.0%~年3.0%なので最終的な返済額はあまり変わりません。

手軽に借りられるため不要なものに「消費」しやすい

消費者金融を使用する際に注意したいのが「使いすぎる」ことです。

消費者金融の審査は他に比べて優しいので、審査通過後に自身が思っているより限度額が高くなることもあります。

その結果、使いすぎてしまい返済に困ってしまうという事例が多くみられます。

そのため、消費者金融を利用する際は「使いすぎない」「計画的な利用を行う」ことを心がけましょう。

総量規制の適用を受けるが、例外もある

消費者金融は総量規制が適用されます。

総量規制とは、原則年収の3分の1までしか融資できないという国が定めた法律です。

年収90万円の場合、借りられるお金は多くても30万円までとなります。

貸金業者に該当しない銀行、信用金庫、信用組合、ろうきんなどは該当しない業種です。

消費者金融の審査を受ける前に、総量規制に該当する金額をすでに借り入れている場合は利用できないので注意しましょう。

また、総量規制の例外として「例外貸付」に分類されるものもあります。

①顧客に一方的に有利となる借換え
②借入残高を段階的に減少させるための借換え
③顧客やその親族などの緊急に必要と認められる医療費を支払うための資金の貸付け
④社会通念上 緊急に必要と認められる費用を支払うための資金(10万円以下、3カ月以内の返済などが要件)の貸付け
⑤配偶者と併せた年収3分の1以下の貸付け(配偶者の同意が必要)
⑥個人事業者に対する貸付け(事業計画、収支計画、資金計画により、返済能力を超えないと認められる場合)
⑦新たに事業を営む個人事業者に対する貸付け(要件は、上記⑥と同様。)
⑧預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け(貸付けが行われることが確実であることが確認でき、1カ月以内の返済であることが要件)

引用元:日本賃金業協会

利息を減らすための借り換えや緊急費用などは総量規制の例外になります。

本当に困ったときに利用できるのは、消費者金融ならではの特徴です。

消費者金融でお金を借りる5つのメリット

消費者金融の主なメリットは下記の5つです。

  1. 審査スピードがとにかく早い
  2. 即日融資ができる
  3. ネット完結で審査を受けられる
  4. 多くのATMと提携しており利便性が高い
  5. 自動契約機が街中にあるので審査が容易

それぞれ解説していきます。

1.審査スピードがとにかく早い

消費者金融は審査スピードが早いのが大きなメリットの1つです。

銀行系カードローンは最短で2日間の審査期間が必要ですが、消費者金融の場合、最短で30分と審査スピードが早い傾向にあります。

申し込みから審査完了までの時間を削減できるだけでなく、緊急の資金不足に対応できるメリットもあるので良いことばかりです。

審査スピードの早さで、消費者金融の右に出るものはないと言っても過言ではありません。

2.即日融資ができる

審査スピードの早さと合わせて、消費者金融は即日融資に対応しています。

即日融資とは、申し込んだその日に融資を受けられることです。

本当に緊急でお金が必要という方には便利なサービスでしょう。

即日融資に対応しているのは消費者金融だけで、銀行カードローンは2018年以降の自主規制により、即日融資が不可能となりました。

信販系カードローンでも即日融資が受けられるところもありますが、実際には数日かかってしまいます。

3.ネット完結で審査を受けられる

消費者金融の多くがネットで審査の申し込みができます。

消費者金融や銀行カードローンでは、カードの発行が必要と思う方もいますが、カードなしでも借り入れは可能です。

ネットからの申し込みは、ほとんどの消費者金融が24時間365日対応してるので、いつでも申し込みできます。

※即日融資を受けるには既定の時間内に申し込みを完了する必要があります。

4.多くのATMと提携しており、利便性が高い

消費者金融の多くがコンビニのATMと提携しており、利便性が高いのもメリットの1つです。

さらに、「利用手数料無料」という消費者金融が多く、利用者のことを考えたサービスを提供しています。

主に扱いのあるコンビニは、セブンイレブンやローソンです。

近くにコンビニがない方でもネット上で取引できます

その反面、利便性が高いがゆえに使いすぎてしまうリスクもあるので注意しましょう。

5.自動契約機が街中にあるので審査が容易

消費者金融は、ネットを使い慣れていない方でも自動契約機や窓口で、契約から取引までを行うことができます。

自動契約機が全国の街中に設置されていたり、有人の窓口があったりと、機械や窓口でのやり取りが可能です。

「ネットを普段使わないからあまりわからない」という方でも迷わずに操作ができるため、安心して利用できます。

消費者金融はこんな方にオススメ

消費者金融の利用は下記のような方におすすめです。

  1. とにかく急ぎでお金を借りたい方
  2. 短期間で完済ができる方
  3. 家族にバレずに借りたい方

それぞれを詳しく解説します。

1.とにかく急ぎでお金を借りたい方

今とにかく急ぎでお金を借りたい方は、消費者金融の利用を選択肢として考えましょう。

繰り返しになりますが、即日融資に対応しているのは消費者金融だけです。

申し込みから借り入れまで当日中にできるので、とにかく急ぎでお金を借りたい方には消費者金融の利用がおすすめです。

2.短期間で完済ができる方

注意点でも記述しましたが、消費者金融は金利が他と比べて高く、長期間での借り入れだと最終的に返済額が高くなってしまいます。

それにより、返済が困難になると膨大な借金を抱え込む最悪の事態になりかねません。

消費者金融を利用するときは、短期間での借り入れやすぐに返済ができる状況での借り入れをおすすめします。

消費者金融の中には無利息期間があるところも多いため、期間内に返済できれば無利子での利用も可能です。

消費者金融 無利息期間
レイクALSA 新規利用で60日間
新規利用で5万円まで180日間
アコム 新規利用で30日間
アイフル 新規利用で30日間
プロミス 新規利用で30日間
楽天銀行カードローン 新規利用で30日間
パーソナルクレジット 新規利用で30日間
ライフティ 新規利用で35日間

3.家族にバレずに借りたい方

消費者金融での借り入れは、銀行からの借り入れや信販系に比べて周りにバレにくいです。

銀行カードローンや信販系では、郵送物が原因でバレてしまう可能性があるでしょう。

消費者金融では、その面も配慮して郵送物を無くすことができます。

さらに、借り入れ状況や明細などはネットやアプリから確認することもできます。

お金を借りる際に心配事である「身バレ」を防げるので、周りにバレずにお金を借りたいという方には消費者金融がおすすめです。

金利が低く即日融資できるおすすめの消費者金融

本記事内で紹介した大手消費者金融5社は特に金利が低く、即日融資にも対応しています。

  • プロミス
  • アコム
  • SMBCモビット
  • アイフル
  • レイクALSA

SMBCモビット以外は無利息期間もあります。

大手なので、安心して借り入れることができ、返済の自由度も高いのでおすすめです。

消費者金融を利用しようか迷っている方は、大手5社のどれかを利用することを検討してみてください。