消費者金融カードローン

レイクALSAでお金を借りる方法とは!?申込み~審査・返済まで

レイクALSAは新生銀行グループの、大手消費者金融です

他社と異なる緑色のコーポレートカラーが鮮やかで、印象の爽やかなレイクALSAで借りたい人も多いはず。

レイクALSAでお金を借りる方法を見ていきましょう。非常に大事な、返済の方法も確認していきます。

レイクALSAの申し込み方法

申し込んで利用するまで、一連の流れが簡便なのが消費者金融カードローンの利点。

大手の消費者金融の場合、曜日を問わずに即日融資が受けられます

申し込みも即日融資に適応しているため、できる限り審査も簡略化されています。

  1. 申し込み
  2. 仮審査
  3. 本人確認書類(運転免許証等)の提出
  4. 本審査
  5. カード発行(カードレス契約もあり)
  6. カードや振り込みで、即日キャッシング可

レイクALSAにも申し込みにおいては格別珍しい点はありませんが、ひとつずつ確認していきましょう。

Webでの申し込み

<Web申込みのメリット>

  • フォームへの入力なので簡単便利!
  • 時間を気にせず申し込める
  • スマホアプリでの申し込みは必要書類提出も簡単
  • アップロードより簡単な「スマート本人確認」もある
  • カードレス契約も可能

インターネット経由で、特に1人1台持っているスマートフォンでの申し込みは、カードローンにおいて現在主流となっています。

引用元:レイクALSA公式

Web申し込みは、「住所・氏名・勤務先・年収」等の必要事項を入力して送信するだけです。

相手がいて直接やり取りするわけではないので、時間を気にせず申し込めるのがWebの利点です。

ただしレイクALSAの場合、当日中に借り入れたい場合、午後9時(日曜は午後6時)までに申し込む必要があります。

引用元:レイクALSA公式アプリ「e-アルサ」

パソコンからでも、スマートフォンからでも可能ですが、スマートフォンの場合はレイクALSAのアプリ「e-アルサ」をインストールしてから申し込みましょう。

仮審査はすぐ終了し、融資を受けられるかどうかはすぐ結果が出ます。

本人確認証の提出について

パソコン申込みの場合

パソコン申し込みの場合はアップロードできるのはパソコン内の写真だけです。

アプリ申込みの場合

①運転免許等の本人確認書類を、アプリで撮影してアップロード

②アプリ申し込みで運転免許証を持っている場合、「スマート本人確認」が選ぶ

③スマート本人確認はアプリで、「運転免許証」と「顔写真」(自撮り)を撮影

④契約完了後、このアプリがそのままセブン銀行でのキャッシングに使える

カードレス希望あり・なしの場合

 

ローン専用カードを持たない(カードレス)こともでき、カードが欲しい場合は新生銀行カードローン自動契約機に来店する必要があります。

どの申し込み方法でも即日融資が受けられ「カードが必要だが即日交付でなくても構わない」という場合は自宅に送ってもらえます。

 

電話での申し込み

電話でもカードローンの申し込みができます。レイクALSAの場合、電話も24時間受け付けています。

電話口で氏名住所等を告げれば、レイクALSAの側で契約書を作ってくれます。

わからないことがあれば、その場でオペレーターに訊けるのが電話の利点です。

電話は24時間受付ですが、審査結果がその場でわかる時間帯は午後9時(日曜は午後7時)までです。

審査に通過したのち、契約を完結させるためには続きがあります。

  • Web完結
  • 自動契約機

Webで完結させる場合はカードレスが選べ、どちらの方法を選んでも本人確認書類の提出は必要です。

50万円を超える借入れの場合は、収入証明書の提出も求められます。

自動契約機での申し込み

消費者金融でも大手と中小の一部にのみ存在するのが、自動契約機です。

カードがその場で手に入る自動契約機は、ひところは即日融資を受けるための切り札的存在でした。

最近ではWeb申し込みが主流になり、さらにカード不要の契約も登場していることから、もはやカードローン契約に必須の存在ではなくなっています。

そんな現在もなお、誰にとってもメリットとなる事項が次のとおりあります。

  • その場でカードが手に入り、その場でキャッシング可なので、振り込みで身内に借入れがバレたくない人におすすめ
  • カード郵送でバレたくない人にもおすすめ
  • ATMが店内にあり、手数料なしでキャッシング可
  • 申込手続中、わからないことは契約機についている専用電話ですぐ訊ける
  • 免許証等、証明書はその場でスキャン可。Webのようにアップロードの手間が不要。

自動契約機の利用者は減ったため、いつ行ってもだいたい空いており他人と顔を合わせる可能性は少ないでしょう。

レイクALSAの場合、自動契約機は自社でなく「新生銀行カードローン」の施設となっています。

施設には「レイクALSA」の看板が出ているため、名称が違うことはあまり意識しないでしょう。

自動契約機では一からカードローンの申し込みをすることもできますが、Webから申し込んで審査通過したのち、契約を完結するときに出向くのがおすすめです。

その場でローン専用カードが受け取れ、カード不要であれば契約機に行く必要性はなく、Webで契約完結するとよいでしょう。

レイクALSAの借入方法

レイクALSAとの契約が済んだら、いつでも(直後でも)、限度額の範囲でキャッシング(借入れ)ができます。

大きく分け、キャッシングの方法は4通りです。

  • ローン専用カードを使って新生銀行カードローンATMで引き出す
  • ローン専用カードを使ってコンビニ等の提携ATMで引き出す(手数料発生)
  • レイクALSAのスマホアプリを使って、セブン銀行ATMで引き出す(手数料発生)
  • 銀行振り込み

カードレスで契約した場合は、カードを使った借入れは当然できないので、後半の2通りとなります。

提携ATM利用の場合はセブン銀行でのアプリによるキャッシングの場合も含め、手数料が発生します。

ローンカードを使って提携ATMで引き出す

ローン専用カードがあれば、ATMでキャッシングができます。

コンビニATMはほぼ提携していますから、日本全国どこでも借り入れできます。

レイクALSAの場合、提携ATM手数料完全無料という大きなメリットがあったのですが、これは2020年4月になくなってしまいました。

現在では、提携ATMでのキャッシング(と返済)には、取引額により次の手数料が発生します。

  • 1万円まで・・・110円
  • 1万円を超える・・・220円

手数料を支払いたくない人は、振込みで融資を受けるか、または新生銀行カードローン自動契約コーナー内にある専用ATMを使いましょう。

セブン銀行ATMでカード不要で現金を引き出す

セブン銀行ATMはセブンイレブン店頭をはじめ、駅や空港など全国にあります。

セブン銀行ATMでは各金融業者との提携により、カードでなく、スマートフォンを使ったキャッシングと返済ができます。

ATMに表示されるQRコードをアプリのカメラで読み取り、表示される番号をATMで入力することで、ATMとアプリとをつないで使うのです。

カードレスの契約にしたレイクALSAユーザーも、この方式でのキャッシングが可能です。

※手数料は提携ATM利用として、110円または220円発生します。

振込融資でお金を借りる

2019年にモアタイムシステムが銀行に導入され、銀行間の送金に時間制限がなくなったため、消費者金融の振込サービスは大きく拡大しました。

レイクALSAでも、多くの金融機関の口座に対して、曜日や時間を問わず口座に振り込んでもらえます。

ただし次の時間帯を除きます。

  • 深夜0時の前後10分
  • 日曜日の午前4時まで

借入れの際、振込手数料は不要です。

第二地銀、信用金庫や信用組合等の中には、振込可能時間帯が違う(短い)ものも多いので必ず確認してください。

レイクALSAの返済方法

レイクALSAの毎月の返済額は、借入残高によって4,000円から14,000円まで幅があります。

基本的には毎月同額ですが、追加で借り入れると残高が変わるため、返済額が変わりますので気を付けましょう。

返済の際は、多めに入金(または定例返済日以外の随時返済)すると早めに返済が終わるのでおすすめです。

レイクALSAの返済方法を確認します。

自動引き落とし

消費者金融カードローンの場合、多くの銀行カードローン違い、毎月1回の引き落としが義務となっていません。

カード等を使って自分で返済するのが原則で、希望者だけ引き落としを申し込むこととなります。

ただしカードレス契約の場合は銀行引き落としが必須となっていて、レイクALSAも同様です。

レイクALSAの返済日は、毎月14日または27日から選べます。

銀行振込

銀行振込は、毎月の返済に利用するよりも、大きな額をまとめ、繰り上げて返済する際に利用すると便利です。(※振込手数料は利用者負担となります。)

この方法は、他に手段がないとき使うべき方法です。後述のWeb返済なら手数料なしで自己の口座から支払えますから、まずはそちらから支払ったほうがいいでしょう。

ATM返済

レイクALSAにおいても、返済の中で基本となるのがATM返済です。

ATM返済も、大別すると3種類あります。

  • ローン専用カードを使って、新生銀行カードローンATMで返済
  • ローン専用カードを使って提携ATMで返済(手数料が発生)
  • スマホアプリを使ってセブン銀行ATMで返済(手数料が発生)

カードレス契約の人は当然、セブン銀行ATM以外は使えません。

次のWeb返済が、手数料も掛からないのでおすすめです。

Web返済

Web返済も振り込みの一種ですが、振込手数料の掛かる振込返済とは全く異なります。

レイクALSAの会員用サイトを使ったインターネットバンキングです。

外出先でスマートフォンを使っていつでも返済することもできます。

レイクALSAをおすすめする理由

消費者金融大手も数ある中で、レイクALSAのカードローンを選ぶメリットはなんでしょうか。

他の消費者金融カードローンと比較してみましょう。

なお、「提携ATMの利用手数料が無料」というサービスがレイクALSAが他社に誇れる最大のメリットでしたが、残念なことに終了しています。

この点は現在、三井住友銀行ATMが無料のプロミス、SMBCモビットの後塵を拝しています。

選べる無利息特典

<レイクALSAの無利息期間(選択できる)>

  • 60日間無利息(Web申し込み限定)
  • 180日間、5万円に限り無利息

消費者金融が競って実施しているのが、契約の最初に利用ができる無利息サービスです。

無利息期間であっても返済日は通常どおりやってきますが、期間中の利息は発生しません。

他社では、無利息期間は30日というのが普通ですがレイクALSAでは、無利息期間が倍の60日間あります。

この条件は「Webで申し込むこと」だけで適用がされます。

もう1種類、180日間無利息サービスが選べます。

借入額のうち内5万円部分に限り、無利息となるサービスです。