お金を借りる

無利子でお金を借りる3つの方法!消費者金融以外でお金を借りられる?

 

「コロナの影響で緊急的にお金が必要」

「お金を借りたいけど無利子で借りることはできないのか」

このような声を多く耳にします。

「無利子でお金を借りることはできない」と思われがちですが、状況次第では無利子での借り入れは可能です。

そこで、無利子でお金を借りる3つの方法からメリット・デメリット、無利子で借り入れを行えない時の対処法をご紹介します。

本記事を読んで、お金の悩みを少しでも和らげてください。

無利子でお金を借りる3つの方法

早速ですが、無利子でお金を借りる3つの方法をご紹介します。

  1. 無利子無担保融資(コロナ特別貸し付け)
  2. 緊急小口資金特例貸付
  3. 消費者金融の無利息期間

それぞれどんな貸付なのか見ていきましょう。

無利子無担保融資(コロナ特別貸付)

無利子無担保融資はコロナ特別貸付とも呼ばれます。

コロナの影響で経営が悪化した「事業者」に対しての貸付制度で、日本政策金融公庫が行っているのが特徴です。

経済産業省が公式に出している内容は下記になります。

新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、中小企業者への資金繰り支援を強化するため、経済産業省では、信用保証制度を利用した都道府県等による制度融資に対し補助を行うことで、民間金融機関においても、実質無利子・無担保・据置最大5年の融資を可能とします。

あわせて、信用保証料を半額又はゼロとします。また、民間金融機関の信用保証付き既往債務の実質無利子融資への借換えを可能とし、事業者の金利負担及び返済負担を軽減します。

引用元:経済産業省公式|民間金融機関において実質無利子・無担保融資を開始します

コロナの影響で経営が悪化している事業者の金銭面をサポートするための制度です。

この制度の中で「新型コロナウイルス特別貸し付け」または「特別利子補給制度」に該当すると、実質無利子になります。

新型コロナウイルス特別貸し付けに該当する条件は、下記を参考にして下さい。

(1)最近1ヵ月の売上高が、前年または前々年の同期と
比較して、5%以上減少
(2)業歴が3ヵ月以上1年1ヵ月未満の場合等は、最
近1ヵ月の売上高が、次のいずれかと比較して、5%
以上減少
①過去3ヵ月(最近1ヵ月含む。)の平均売上高
②令和元年 12 月の売上高
③令和元年 10~12 月の平均売上高

引用元:「新型コロナウイルス感染症特別貸付」と「特別利子補給制度」の併用による実質的な無利子化融資のご案内

特別利子補給制度に該当する条件は下記になります。

個人事業主:要件なし

小規模事業主:コロナの影響で売り上げが前年・前々年に比べ15%以上の減少。
小規模企業者とは、卸・小売業、サービス業は「常時使用する従業員が5名以下の企業」、それ以外の業種は「同 20 名以下の企業」をいう。

中小企業:コロナの影響で売り上げが前年・前々年に比べ20%以上の減少。
中小企業者とは、この他の中小企業をいう。

引用元:「新型コロナウイルス感染症特別貸付」と「特別利子補給制度」の併用による実質的な無利子化融資のご案内

小規模事業主・中小企業は、どちらも個人と法人が該当します。

創業から3カ月未満の事業者は対象から外れてしまうので注意して下さい。

また、借りられる条件として「最近1カ月の売り上げが前年・前々年の同期と比較して5%以上の減少がみられること」があります。

前年度や前々年度の比較データがない創業から3カ月以上の事業主は、過去3カ月の売り上げや直近のデータを参考に、貸し付けの申込みを行ってください。

さらに、融資なので返済の見込みがある事業主のみ利用することできます。

様々な条件がありますが、条件を満たしていれば高額の融資を実質無利子で受けることが可能です。

融資を受けるまでに、申し込みから3週間以上の期間を要します。
実質無利子なので、利子を含んだ額を返済したのち、利子分が返還される融資制度です。

緊急小口資金特例貸付

緊急小口資金特例貸付も、コロナの影響で生活に支障が出ている方を対象に行っている貸付制度です。

対象となるのは、コロナの影響により休業または収入が減った方で、生活を維持するためにお金を必要とする方が対象になります。

厚生労働省が公式で出している内容は下記を参照してください。

緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、少額の費用をお貸しします。

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、休業等による収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯

※新型コロナウイルス感染症の影響で収入の減少があれば、休業状態になくても、対象となります。

引用元:厚生労働省|緊急小口資金について

小口資金なので、上限額は20万円になります

コロナの影響で少額のお金が必要な方が借りられる制度です。

収入の減少幅に規定はなく、給与明細等の収入証明書を必要としないので、個人事業主の方でも借り入れがしやすいのが特徴になります。

しかし生活保護を受給中の方は対象外です。

現在申込者が多く、入金までかなりの期間(2週間以上)を要するので、すぐにお金が必要な方は他の方法を考えましょう。

消費者金融の無利息期間

消費者金融でも無利子でお金を借りることができます。

消費者金融の中には「無利息期間」を用意しているところもあり、その無利息期間内に返済を完了すれば、無利子での借り入れが可能です

消費者金融は、審査に通過できる方ならだれでも利用することができ、即日融資に対応している業者もあります。

しかし優良な消費者金融を装い、悪徳な取引を行う業者もあるので、申し込む際には注意が必要です。

急な出費でかなりの高額な借り入れを行わない方には最適な方法と言えるでしょう。

本記事内の「無利子でお金を借りるなら消費者金融の無利息期間」内で無利息期間のある消費者金融をご紹介しています。

無利子でお金を借りる3つの方法の中で、消費者金融の無利息期間を利用しようと考えている方は参考にしてください。

無利子でお金を借りるメリット

無利子でお金を借りられたらメリットだらけに感じますが、実際のメリットはただ1つです。

  • 無利子だから返済額が大きくならない

無利子でお金を借りたいと思う方にとっては、大きなメリットと言えるでしょう。

利子がある場合と比較しながら詳しく解説していきます。

無利子だから返済額が大きくならない

利子ありと無利子の場合でお金を借りた場合の返済額を比較していきます。

  • 利子あり

年率10%で50万円を1年間借り入れた場合=合計返済額55万円

  • 利子なし

50万円を無利子で借り入れた場合=元本のみの返済50万円

実際には、返済方式にも様々な種類があるのであくまで参考程度です。

無利子だと「利子」を払う必要がないので、利子ありの場合よりはるかに返済額は安くなります。

なので無利子であるということは、お金を借りる上で最大のメリットになるでしょう。

無利子でお金を借りる2つのデメリット

最大のメリットの裏に隠れている、無利子でお金を借りるからこそのデメリットは下記の2つがあります。

  1. 無利子なだけに審査が厳しいことがある
  2. 期間内に返済できなければ利子がかかる

それぞれ解説していきます。

無利子なだけに審査が厳しいことがある

融資する側は無利子でお金を貸すのですから、必ず返済してもらわないと困ります。

そのため通常よりも審査が厳しく、なかなか通過できないことも多いです。

審査が厳しい場合は借り入れを行えない可能性も出てきます。

消費者金融内では、審査通過が可能か分かる借り入れ診断ツールを用意しているので、試してみるのも一つの手です。

期間内に返済できなければ利子がかかる

借入先が無利子期間を設けている場合、その期間を過ぎると利子が発生します。

消費者金融の無利息期間は最大30日間が一般的で、30日以内に完済しなかった場合、借り入れ残高に通常の利息が適用されてしまうので注意が必要です

完全無利子でお金を借りたい方は、利子が発生しない期間は絶対に把握しておきましょう。

無利子でお金を借りるなら消費者金融の無利息期間

3つの方法の中で前述した、消費者金融の無利息期間を利用する方法がこちらになります。

無利子でお金を借りたい方は、消費者金融の無利息期間を利用するのが1番おすすめです。

繰り返しになりますが、消費者金融の無利息期間を利用するメリットは下記の3つがあります。

  1. 無利息期間なので利息が発生しない
  2. 即日融資に対応している業者もあるので緊急で必要なときに対応できる
  3. 利用できる人が幅広い

消費者金融によっては申し込みから借り入れまでWEB完結なので、利便性が高く使いやすい点も挙げられます。

ですが無利息期間を過ぎれば、利息が発生するので肝に銘じておきましょう。

無利子で消費者金融を利用したい方は、期間内に返済できる計画を立ててから借り入れを行いましょう。

無利息期間のある消費者金融一覧

無利息期間のある消費者金融は下記の7社があります。

消費者金融 無利息期間
レイクALSA 新規利用で60日間
新規利用で180日間(5万円まで)
アコム 新規利用で30日間
アイフル 新規利用で30日間
プロミス 新規利用で30日間
楽天銀行カードローン 新規利用で30日間
パーソナルクレジット 新規利用で30日間
ライフティ 新規利用で35日間

最長の無利息期間を提供しているのはレイクALSAですね。

無利息期間の中にも「契約日の翌日から無利息」もしくは「初回借り入れの翌日から無利息」と違いがあります。

心配な方は契約前にしっかりと確認しておきましょう。

最も金利が低いカードローンはろうきん

無利子での借り入れや消費者金融の無利息期間を利用できない方の対応策として「ろうきん」があります。

ろうきんのカードローンは、金融機関の中で最も金利が低いのが特徴です。

ろうきんは、労働組合や生協の皆さんがお互いに助け合うためにつくった協同組織の福祉金融機関です。1950年に日本に最初のろうきんが誕生し、70年経過した今日においても、ろうきんは、はたらく人の「ゆとり」「ゆたかさ」を実現するために存在しています。

引用元:ろうきんとは

ろうきんは、労働組合を中心に働く人の支援を目的とした非営利団体を指します。

ろうきんのカードローンの金利は、年3~年9%程度と特に金利が低く、融資可能金額も最大で500万円です。

無利子での借り入れを行うことが出来ない方は、金利が低いろうきんを検討してみて下さい。

無利子でお金を借りる方法まとめ

今回は無利子でお金を借りる方法をご紹介しました。

「無利子無担保融資」と「緊急小口資金貸付」は、コロナの影響でお金が必要になった方が利用できますので、該当者はこの制度で生活を支える資金を確保できます。

緊急でお金が必要な方は、消費者金融の無利息期間を利用して下さい。

無利子でお金を借りられない場合でも、ろうきんを利用することで金利を抑えることができます。

お金を借りるときは利子をできるだけ抑えて、損なく計画的な利用をするようにしましょう。