職業・属性

アルバイトもお金を借りられる!?3つの方法と審査に落ちないためのポイントとは?

「シフトが減ってお金が足りない!」

「先月は風邪を引いたから月収が…!」

アルバイトは働いた時間がそのまま給料に反映されるため、働けなくなれば給料が減ってしまいます。

給料までの生活費や、遊びにいくための費用を借りたい人も多いでしょう。

このページでは、アルバイトでもお金を借りられるオススメの方法を3つ紹介していきます。

また、アルバイトの方が審査に落ちないのポイントも解説していくので、そちらも確認しておきましょう。

アルバイトでもお金を借りられる3つの方法を紹介!

アルバイトでもお金を借りられる方法はいくつかありますが、オススメできるものとしては以下の3つが挙げられます。

・消費者金融系カードローン
・学生ローン
・給料の前借りサービス

詳しくは次から見ていきましょう。

消費者金融系カードローン

アルバイトの方に最もオススメできる借入方法としては、「消費者金融系カードローン」が挙げられます。

「アルバイトでも審査に通るの?」と思う方も多いでしょうが、多くのカードローンでは本人に安定した収入があれば、アルバイトでも利用可能です。

お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。
主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。

引用:プロミスお申込条件と必要なもの 

カードローンの利用に対して抵抗感を覚える人も多いですが、現在は多くのカードローン会社が銀行グループの傘下に入っています。

それに法律やコンプライアンスの整備が進んだことで、漫画やドラマで描写されるような危険性は全くありません。

加えて「アイフル」や「プロミス」などの消費者金融が提供するカードローンであれば、申し込んだその日にお金を借りられる点も魅力的です

「手軽に早くお金を借りたい!」という方は、消費者金融系カードローンの利用を考えてみて下さいね。

学生ローン

現在アルバイトとして働いている方の中には、高校や大学に通っている人も多いでしょう。

学業を頑張っている方は、学生ローンでお金を借りるのも1つの選択肢と言えます。

学生ローンはその名前のとおり「学生専用のローン」のことで、10〜50万円ほどの少額を年14.0〜年18.0%程度の金利で借りることができ、未成年者でも借りられる唯一のローンです。

ただし、未成年者が学生ローンを利用するためには親権者の同意書が必要になりますし、即日融資を受けられる会社は限られています

また消費者金融系カードローンとは異なり「土日に借入や返済ができない」「審査に時間が掛かる」などのデメリットがあるため、利用する際には必ずホームページなどを確認しましょう。

給料の前借りサービス

現在アルバイトとして働いている場合は、給料の前借りをするのも良いでしょう。

ただし、法律で給料の前借りが認められるのは以下に当てはまるケースのみです。

・出産
・疫病
・災害
・事故

上記に当てはまる場合は、給料の前借りを正社員に相談してみましょう。

なお大手チェーンの飲食店などでは、上記以外でも独自の前借りサービスを実施していることもあります。

ただしその場合は手数料などが引かれる事がほとんどなので、注意が必要です。

アルバイトで働いている人にオススメのカードローンを紹介!

先ほども説明したとおり、現在アルバイトとして働いている方には、消費者金融系カードローンが最もオススメできます。

しかしカードローンと1口に言っても様々な商品があり「どれを選んだら良いのか分からない!」という人がほとんどでしょう。

そんな方のために、ここでオススメできるカードローン会社を3つ紹介します。

・アイフル
・プロミス
・レイクALSA

 

商品の概要やオススメできるポイントなどは、次から詳しく見ていきましょう。

アイフルならバイト初日でも借りられる!

金利(実質年率) 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
特徴 最大30日間金利0円

アルバイトとして働いている方の中には「働き始めて日が浅いけれど借りられる?」か不安な人も多いでしょう。

実際のところ勤続年数が短いと「すぐに辞める可能性が高い」と判断されるため、カードローンの審査に通りづらくなる傾向があります。

ですが「アイフル」は、1日でも働いていれば審査に通る可能性があるので、利用しない手はありません。

またアイフルのカードローンはスマホから審査を申し込み、必要書類をメールなどで送信すれば申し込み手続きが完了する点も魅力的です。

「なるべく手軽にカードローンを利用したい!」という方にピッタリと言えるでしょう。

さらにアイフルでは、新規契約者限定で「30日間の無利息期間サービス」を実施しており、お金を借りてから30日以内に完済すれば、全く利息を払わずにカードローンの利用が可能です。

現在のアルバイトを始めて日が浅い人は、アイフルの利用を検討してみましょう。

プロミスなら短期バイトでも借入可能!

金利(実質年率) 4.5%~17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
特徴 審査速度

借入を検討している方の中には家賃の支払いや生活費の関係上、今日中にでもお金を必要としている人も多いでしょう。

そういった方には、とにかく早く借りられる「プロミス」の利用をオススメします。

プロミスであれば申し込みから最短30分で融資が受けられますし、土日祝日であっても審査や融資が可能です。

またアイフル同様に「30日間の無利息期間サービス」を提供しているため、利便性も十分と言えるでしょう。

1週間以上働いている人はレイクALSAがオススメ!

金利(実質年率) 4.5%〜18.0%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短60分
特徴 180日間の無利息期間サービス

現在のアルバイトを始めてから1週間以上が経過している場合は、「レイクALSA」もオススメです。

レイクALSAの特徴としては「長い無利息期間」が挙げられ、Webから審査を申し込めば60日間金利無料でカードローンが利用できます。

また、60日間の無利息期間サービスと併用することはできませんが、借入金の5万円までなら180日間金利が掛からないなど、提供している無利息期間サービスの種類も豊富です。

加えて21時まで(日曜は18時まで)に契約手続きを終わらせれば、最短60分の即日融資が受けられるなど、審査スピードも申し分ありません。

「カードローンを長く利用したい!」という方は、レイクALSAへの申し込みを検討しましょう!

アルバイトが審査に落ちないための5つのポイントを紹介!

ここまで、アルバイトの方にオススメできる借入方法として「消費者金融系カードローン」を紹介してきましたが、融資を受けるためには審査に通過しなくてはいけません。

そのため、ここからは「アルバイトがカードローンの審査に落ちないために押さえておきたい5つのポイント」として、以下の点を解説していきます。

・働き続ける意思を伝えるのが重要!
・他社借入がある場合は返済を進めておこう!
・在籍確認が取れないと審査に落ちる!
・必要書類を準備しておくと審査がスムーズに進む!
・小口で申し込むと審査に通りやすい!

詳しくは次から見ていきましょう。

働き続ける意思を伝えるのが重要!

先ほども触れましたが、カードローンの審査は勤続年数が長ければ長いほど、審査に通りやすくなります。

3ヶ月や半年以上など長く今のバイト先で働いている場合は問題ありませんが、短い場合は審査に通りづらいのが現状です。

そのため、勤続年数が短い方は、本人確認の電話が掛かってきた際に「このアルバイトは始めたばかりですが、少なくとも○ヶ月は続ける予定です!」と長く働く意思を伝えると良いでしょう。

また急いでお金を借りる必要がない場合は、1ヶ月だけでも勤続してから申し込むと審査に通りやすくなります。

カードローンの審査を申し込む前に、自身の勤続年数を確認してみて下さいね。

他社借入がある場合は返済を進めておこう!

現在すでにクレジットカードのキャッシングを利用している場合は、新規のカードローン審査を申し込む前に少しでも多く返済しておきましょう。

なぜなら他社借入が多ければ多いほど「何かあった時に返済が滞る可能性が高い」と判断され、カードローンの審査に通りづらくなるためです。

また消費者金融系カードローンは「総量規制の対象」になるため、すでに他社から年収の3分の1の額を借りている場合は、審査に落ちてしまいます。

【総量規制とは】
他社借入を含めて年収の3分の1以上の融資を禁止する法律のこと

事前に他社借入額を確認しておきましょう!

在籍確認が取れないと審査に落ちる!時間を調整しよう!

カードローンの審査では必ず在籍確認が実施されます。

【在籍確認とは】
申込者が申告した通りの職場に勤めているか確認する電話審査のこと

在籍確認は申込者が職場で電話に出れば完了しますし、本人が電話に出られなくても職場の人間が「席を外している」「今日はシフトに入っていない」など、在籍していることが前提の返答をすれば大丈夫です。

そのため、現在のアルバイトを初めてから日が浅いと「そんな人はいない」と対応されてしまう可能性があります。

確実に在籍確認をクリアするためには、在籍確認が実施される前にオペレーターに相談して、電話が掛かってくる時間帯を指定するのが効果的です。

カードローン審査の申し込みが完了次第、カードローン会社へ電話を掛けましょう!

在籍確認で借入がバレるケースは少ない

カードローンの審査では、在籍確認が実施されると聞いて「職場の人間にカードローンの利用がバレてしまうのではないか」と心配に思う人もいるでしょう。

しかし昨今のカードローン会社は申込者のプライバシーに配慮しており、在籍確認の電話では決して社名を名乗らず、審査担当者の個人名で掛かってきます

そのため在籍確認によって、バイト先にカードローンの利用がバレる可能性は低いと言えるでしょう。

なお電話を取ってもらった人から、あれは何の電話だったのか、と聞かれた場合は「クレジットカードを作った」と答えれば問題ありません。

また「どうしてもどうしても職場バレを防ぎたい」「職場に誰もいない時がある」という場合は、在籍確認の電話を書類提出で代替できないか、審査担当者に相談するのもオススメです。

勤続年数が長く、給与明細書などが提出できれば、対応してもらえる可能性があります。

必要書類を準備しておくと審査がスムーズに進む!

カードローンの審査に確実に通りたい場合は、あらかじめ必要書類を準備しておきましょう。

書類に不備があると「適当に審査に申し込んでいる」「やましいことがあるのではないか」と判断され、審査担当者の心象を悪くするからです。

アルバイトの方がカードローンの審査で必要になる書類は、原則として本人確認書類1点だけです。

【本人確認書類として利用できるもの】
・運転免許証
・運転免許経歴証明書
・パスポート
・マイナンバーカード
・健康保険証

基本的に公共機関が発行した身分証明書であれば「本人確認書類」として利用できます。

しかし「学生証は利用できない」ですし、「健康保険証を提出する場合は別途公共料金の領収書や住民票の写しが必要」な点は注意して下さい。

なお借入希望額が50万円を超える場合は、本人確認書類に加えて収入証明書が必要になりますが、アルバイトの場合は50万円以下の融資になるケースがほとんどなので、あまり気にする必要はないでしょう。

小口で申し込むと審査に通りやすい!

カードローンの審査を申し込む際には、なるべく少額で申し込みましょう。

借入希望額を高額に設定している申込者は、貸し倒れのリスクが高いことから厳しく審査される事があります。

具体的には、10万円前後を借入希望額に設定すると、スムーズな審査通過になる可能性が高いでしょう。

アルバイトでもお金は借りられる!しっかりと対策をしよう!

このページではアルバイトの方にオススメできる借入方法として、消費者金融系カードローンなどを紹介しました。

説明してきたとおり、アルバイトでもカードローンで融資を受けることは可能ですが、アルバイトは雇用が不安定ということもあり、審査に通りやすいとは一概に言えません。

このページで解説してきた「審査落ちを防ぐポイント」をしっかりと踏まえた上で、審査に申し込みましょう!