お金を借りる

親戚にお金を借りる具体的な方法を紹介!1つのデメリットや解決策も解説

「消費者金融は利用したくないので、親戚からお金を借りたい」

「お金を借り入れできない状況で親戚からしか借りられない」

このような悩みを抱えている方は少なくありません。

親戚にお金を借りる際に、簡単に「お金貸して!」と言えたらどれだけ楽になるかははかり知れませんよね。

そこで今回は、親戚にお金を借りる際の具体的な方法から、親戚からお金を借りられない時の対策までをご紹介します。

親戚は一番身近な存在なので、迷惑はかけたくないものです。

国がサポートしてくれる制度や、早ければ当日中に借りられる融資もあります。

親戚にお金を借りようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

親戚にお金を借りる際に言い訳をするのはダメ

親戚にお金を借りる際に、嘘の言い訳をして借りるのはおすすめできません。

嘘の言い訳をして借りた場合、親戚との信頼関係が崩れて、絶縁することにもなりかねません。

現段階で、嘘の言い訳を探している方は考え方から改めましょう。

変に言い訳をしようとすると、言い訳や誰にどう借りるかなどを徹底的に考えますよね。

その考える時間が無駄なので、どうしても親戚からしかお金を借りられない方は正直に相談しましょう。

親戚にお金を借りる具体的な方法

親戚からお金を借りる際の、具体的な方法は下記のとおりです。

  1. 借りないといけない具体的な理由を伝える
  2. 返済の見込みがあること・返済できることを伝える
  3. 心配な場合は借用書を用意する

上記ですと、下手に嘘をついて借りるより、相手を傷つけず信頼も損なうこともありません。

詳しく見ていきましょう。

借りないといけない具体的な理由を伝える

親戚にお金を借りないといけない具体的な理由を伝えましょう。

  • どういう理由でお金が必要なのか
  • 親戚にしか借りられない理由を明確に話す

上記の内容を包み隠さず話すことが大事です。

理由を正直に話したらお金が借りられないと思う方も多くいますが、そんなことはありません。

相手は、親戚です。

親であれ兄弟であれ、たとえ仲が悪くても助けてくれるでしょう。

親戚頼みたくないのであれば、審査が優しい消費者金融や国の制度をを試しましょう。

返済の見込みがあること・返済できることを伝える

親戚だから返さなくていいというわけにはいきません。

お金を貸す側も返してくれると信じて貸しているので、返済の見込みや返済できることをしっかりと伝えましょう。

その際には「いつまでに、いくらぐらい入る予定なので、いくら返す」というように具体的に返済できることを説明することをおすすめします。

心配な方は借用書を用意する

借用書と聞いて堅苦しいと思うかもしれませんが、信頼を確保するための最善策です。

借用書は借りたことを証明するもので、トラブルの防止に利用されます。

借用書の書き方やコピーはネットで調べることができるので、信頼を確保するためにも用意しておくといいでしょう。

借用書の書き方は? 法的効力はあるのか? 念書との違いや書き方のポイント当事者双方の意思が合致していることを証明する書類です。お金や物の貸し借りをする際には借用書があると安心です。 借用書があれば、お金...

親戚にお金を借りる3つのメリット

親戚にお金を借りる主なメリットは下記の3つです。

  1. 親戚なので審査がない
  2. 利息が発生する確率が少ない
  3. すぐに借りることができる

親戚なので審査がない

親戚から借りる際は金融機関のような審査はありません

審査があるのは、お金を借りる際に一番の課題点といっても過言ではありません。

一般的な消費者金融は審査があるので、必ずしも借り入れることができるわけではないでしょう。

利息が発生する確率が少ない

親戚から利息を取る人は、ほとんどいないと言っても過言ではありません。

消費者金融でお金を借りる際は利息が発生します。

そのような面では、お得にお金を借りることができます。

すぐに借りることができる

取り急ぎのようでお金を借りたいときは、親戚に頼む方も多いでしょう。

親戚に依頼したら、早く借りたいという融通も利きます。

親戚でなくとも、消費者金融の中には即日融資に対応している業者があり、当日中での借り入れも可能です。

親戚にお金を借りるデメリット

親戚にお金を借りる際の大きなデメリットは、信頼関係や人間関係が崩れる可能性があることです。

親戚から借りたお金を返済できず、その後の関係が気まずくなったという声は少なくありません。

親戚からお金を借りて返済しなかったり、遅れてしまったりしたときは、信頼関係にキズが付きます。

なので、親戚からお金を借りる際は信頼関係のことを1番に考えましょう。

親戚がお金を貸してくれない時の対処法

親戚からお金を借りるのは手っ取り早い方法ですが、信頼関係を崩す恐れがあるといったリスクが生じます。

そこで、親戚からお金を借りれない時の対処法を2つ紹介します。

  1. 消費者金融や銀行からお金を借りる
  2. お金の借り入れができない時は専門家に相談

消費者金融や銀行からお金を借りる

本記事内で何度も登場している消費者金融ですが、利用することに抵抗がある方も多くいるでしょう。

実際は便利で、利用者の満足度も高い傾向です。

ただし審査があるので、親戚に借りるよりハードルは高くなります

消費者金融の中で特におすすめなのは大手5社です。

  • アコム
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • レイクALSA
  • アイフル

大手なので簡単に借り入れ・返済ができ、安心して利用できます。

申し込みから契約までネットで完結できてしまうので、利便性が高いのも魅力です。

ですが、利便性が高いうえに使いすぎてしまう事例も多くあります。

親戚からお金を借りるよりは確実で安心ですし、信頼関係にも傷がつきません。

消費者金融の利用が可能な方は、検討するのも対策のひとつです。

消費者金融でお金を借りる3つの注意点とは?メリット・デメリットと合わせて解説消費者金融でお金を借りるのに抵抗があるという方は少なくありません。 ですが、実際には利用者の満足度は高く、緊急の手助けになります。...

お金の借り入れができない時は専門家に相談

お金を消費者金融から借り入れることができない状況の人は、迷わず専門家に相談しましょう。

借金が多すぎて新たな借り入れができない方は、法律事務所などの弁護士や司法書士に相談することで、借金の減額ができる可能性があります。

借金の減額ができれば、負担が少なくなり余裕が生まれます。

それにより、親戚からお金を借りなくて済むこともありますので、現在の状況に応じて専門家への相談も検討してみてください。

親戚からお金を借りるのは最終手段です

親戚からお金を借りる手段は「最終手段」と考えておくと良いです。

お金を借りることができる方法はたくさんあります。

公的融資からお金を借りるのには抵抗もありますし、金利もかかるので手を出したくない方がほとんどでしょう。

しかし、無利子で借り入れられたり、国が援助してくれたりするものもあります。

親戚との信頼関係を崩したくない方や、お金に困っていることを知られたくない方は、公的融資がおすすめです。

消費者金融では即日融資に対応しているものもあり、早ければ当日中の借り入れも可能です。

生活費で困っている方を援助してくれる国の制度もあります。

お金の借り入れや、利用は計画的に行いましょう。