消費者金融カードローン

SMBCモビットの審査に落ちる4つの理由とは?他社比較からメリット・デメリットまで

急な出費により借り入れを行いたくても、審査に通過できるかどうかは不安ではないでしょうか。

事前に審査に落ちてしまう大きな理由を知っておくと、対策ができ通過となる可能性が上がることもあります。

そこで今回は、SMBCモビットで審査落ちする4つの理由や他社との比較まで徹底解説していきます。

本記事を読めば、自身が審査通過できるかどうかの目安がわかり、借り入れ後のビジョンも明確に見ることが可能です。

最後には審査に通過できるかどうかを測定する方法も紹介しているので、是非参考にしてください。

SMBCモビットで審査落ちする4つの理由とは?

SMBCモビットの審査を受ける前に、自身が審査通過できるかどうかは確認しておきたいところです。

SMBCモビットで審査に落ちる大きな理由は下記の4つです。

  1. 安定した収入を得られる職業についていない
  2. 他社からの借り入れが多い
  3. 信用情報にキズがある
  4. 現金主義のスーパーホワイト

一目見た感じでは中々理解できない理由もあると思いますので、それぞれ詳しく解説していきます。

①安定した収入を得られる職業についていない

安定した収入とは「毎月の一定の収入」を指します。

カードローン等では最低条件の一つとして安定した収入が求められます。

アルバイトやパートで収入を得ている学生や主婦の方でも安定した収入といえます。

しかし、安定した収入の基準は金融機関や消費者金融の各企業により異なり、中には会社に所属していないと借り入れを行えない企業もあります。

SMBCモビットのいう「安定した収入」については明確に記載されていませんが、少なくとも「3カ月以上の安定した収入があること」と考えておきましょう。

SMBCモビットは申込者の職業などを限定していないため、アルバイトやパートでも借り入れできる可能性は十分にあります。

しかし、3カ月以上の安定した収入がある場合でもあまりに低い金額の場合、審査通過は厳しくなる可能性も頭に入れておきましょう。

②他社からの借り入れの有無や額の多さ

SMBCモビットの審査では、他社の消費者金融など4社以上からの借り入れがある場合「多重債務者」とみなされ、審査を通過するのは難しくなります。

他社からの借り入れが4社以上ない場合でも、借り入れ額が自身の「年収の3分の1」に到達している、またはそれ以上ある場合も審査通過は難しくなります。

SMBCモビットに限らず、借り入れ額の上限は法律で「原則年収の3分の1まで」とされています。

そのため、すでに年収の3分の1の借り入れを行っている場合には借金の減額や年収を上げるほか対策はありません

4社以上借り入れをしている場合は「借金の1本化」をすることで、1つにまとめるといった対策を取ることが可能です。

③信用情報のキズがある

SMBCモビットに限らず、借り入れを行う際に信用情報にキズがある場合において借り入れ審査に通る可能性が低くなります。

信用情報は、借り入れを行う際やクレジットカードを作る際に必ず確認されるものとして覚えておきましょう。

信用情報にキズとして残るものは主に下記の項目です。

  • クレジットカードの支払いの延滞
  • 携帯電話料金の滞納
  • クレジットカード料金の未払い
  • 返済金の延滞や滞納

特にカード系の延滞や未払いがあると審査に大きく影響します。

この他にも「債務整理」や「過払い金請求」を行うと信用情報に記載されてしまいます。

債務整理や過払い金請求の情報が信用情報に記載されている時点での審査通過はかなり難しいです。

これが俗にいう「ブラックリストに載る」というものです。

信用情報は申込者が信頼できる人であるかの判断材料となるため、特に注目する内容と考えておきましょう。

④現金主義のスーパーホワイト

「現金主義のスーパーホワイト」とは簡単に説明すると下記のとおりです。

  • 現金主義:現金しか使っておらず、クレジットカード等を作ったことがない
  • スーパーホワイト:借り入れを1度も行ったことがない

上記の点をみると「現金主義のスーパーホワイト」は審査に通りやすいように見えますが、一概には言い切れません。

クレジットカードを作っておらず、借り入れも1度も行ったことがない方に関しては、信用情報に何も記載がありません。

そのため、「何か問題があるのではないのか」と思われ、逆に審査が厳しくなることもあるようです。

現金主義のスーパーホワイトもSMBCモビットに限らず、借り入れを行う際は共通であるため危険視しなければならない点です。

SMBCモビットと他社消費者金融との比較

SMBCモビットの金利を他社の消費者金融と比較をしながら解説していきます。

SMBCモビットと他消費者金融の金利と利用限度額は下記のとおり。

消費者金融名 下限金利 上限金利 利用限度額
プロミス 年4.5% 年17.8% 500万円
アイフル 年3.0% 年18.0% 800万円
アコム 年3.0% 年18.0% 800万円
SMBCモビット 年3.0% 年18.0% 800万円

SMBCモビットとアイフル・アコムの2社は金利、借り入れの上限額が非常に似ています。

SMBCモビットの金利は、借り入れ額が100万円未満の場合、ほとんどが18.0%(年利)です。

借り入れ額が大きくなるほど金利は下がり、100万円以上で金利は年15.0%、最低で年3.0%まで低くなります。

100万円未満の借り入れ額でも返済などをしっかりできる「信頼」のある方は18.0%以下の金利になることも珍しくありません。

また、以下で金額別にご紹介する金利は公式サイトの返済シミュレーションをもとに記していますので、更に詳細な金額が気になる方は、返済シミュレーションを試してみてください。

改めて、借り入れ額別で詳しく解説していきます。

SMBCモビットで30万円借りた時の金利目安

SMBCモビットで30万円の借り入れを行い、1年間(365日)で返済を行う場合の利息総額は30,044円です。

借り入れ額 300,000円
実質年率 18.0%
総返済額 330,044円
毎月の返済額 27,503円

※最終月の返済額は27,511円

SMBCモビットで50万円借りた時の金利目安

SMBCモビットで50万円の借り入れを行い、1年間で返済を行う場合の利息総額は50,074円です。

借り入れ額 500,000円
実質年率 18.0%
総返済額 550,074円
毎月の返済額 45,839円

※最終月の返済額は45,845円

SMBCモビットで100万円借りた時の金利目安

SMBCモビットで100万円の借り入れを行い、1年間で返済を行う場合の利息総額は83,094円です。

借り入れ額 1,000,000円
実質年率 15.0%
総返済額 1,083,094円
毎月の返済額 90,258円

※最終月の返済額は90,256円です。

100万円以上の借り入れからは、金利が年15.0%以下と低くなっていきます。

そのため、借り入れ額に余裕がある方は細かい額よりも100万円以上の借り入れをした方が金利面ではメリットがあります。

SMBCモビットで200万円借りた時の金利目安

SMBCモビットで200万円の借り入れを行い、1年間で返済を行う場合の利息総額は166,194円です。

借り入れ額 2,000,000円
実質年率 15.0%
総返済額 2,166,194円
毎月の返済額 180,516円

※最終月の返済額は180,518円です。

それぞれ、返済期間が短ければ短いほど利息は少なくなりますので、少しでも返済額を減らしたい方は短期での返済で、より損のない借り入れを行うことができます。

SMBCモビットのメリットとは?4つのポイントを厳選

SMBCモビットでお金を借りるメリットは下記の4つです。

  1. 審査時間が早くて即日融資に対応している
  2. 電話確認なしで借りることができる
  3. LINEアカウント上で増額審査を受けられる
  4. 返済時にTポイントが貯まる

それぞれで詳しく解説していきますね。

審査時間が早くて即日融資に対応している

SMBCモビットの審査時間は最短で30分と短いため、申し込みをしたその日のうちに借り入れをすることが可能です※。

※申し込みの時間帯や審査状況によって翌日以降になる場合があります。

しかし、信用情報にキズがある場合や本人確認書類などに不備があり、正しく認識できない場合は審査に時間を要します。

申し込み受け付けは24時間365日対応していますが、審査時間は9:00~21:00とされているため、時間外の場合は翌営業日に審査が持ち越されてしまいますので注意が必要です。

受付時間 ネットから24時間365日対応
審査時間 9:00~21:00

WEB完結なら電話連絡なしで借りられる

お金を借りたい時に周囲に知られたくないといった方も多いでしょう。

他社金融機関や消費者金融では申し込み時電話確認などが必須の場合が多いです。

一方、SMBCモビットではWEB完結なら電話連絡なしであるため、周囲に知られたくない方におすすめできます。

さらにSMBCモビットにWeb完結で申し込めば、自宅への郵送物を無くすことも可能です。

LINEアカウント上で増額審査を受けられる

SMBCモビットではLINE公式アカウントから増額審査を行うことができるサービスを開始しています。

株式会社SMBCモビット(代表取締役社長:中辻 信之、以下「SMBC モビット」)は 2020年9月28日(月)より、 LINE 株式会社(代表取締役社長:出澤 剛)が提供するコミュニケーションアプリ「 LINE 」上に開設している SMBC モビットの LINE 公式アカウントで「増額審査申込」サービスを開始いたします。

引用元:SMBCモビット公式

カードローンなどの増額審査では電話や直接窓口に足を運ぶなど手間がかかることが多いですが、SMBCモビットの増額審査はLINE上で審査を行ってくれるため大きな利点となります。

増額の申し込みから審査結果まですべてLINE上で完結することができます。

増額の申し込み手順も簡潔で、LINEとSMBCモビットのIDを連携させることにより、増額申請可能な方にメッセージが届き、そこから申請を行います。

連携をするとLINEポイント100ポイントも同時に貰うことができるため、SMBCモビットを利用している方、これから利用しようと思っている方はID連携がおすすめです。

返済時にTポイントが貯まる

SMBCモビットの契約時に「Tポイントサービスの利用を希望する」をチェックすると、返済と同時にTポイントが貯まるようになります。

貯まるポイントは、返済額分の利息200円につき1ポイント。

年18.0%で30万円を借りて、1年で完済した場合の利息は30,044円と計算されるため、150ポイント貯まることとなります。

貯まったポイントは、普段のTカード同様に使うことができます。

消費者金融の中でTポイントが貯まるのはSMBCモビットしかないため、少しでも得をしたい方には特にオススメです。

SMBCモビットのデメリットとは?

SMBCモビットはこれまで解説した通りメリットが多い反面、デメリットとなり得ることも少なからずあります。

デメリットも理解した上で契約をしなければ後々トラブルにつながることも想定されるでしょう。

SMBCモビットのデメリットは下記の3点が挙げられます。

  1. 総量規制の対象になっている
  2. 有人店舗がない
  3. 無利息期間がない

それぞれの見出しで詳しく解説します。

年収の1/3までしか借りられない

総量規制とは先程述べた通り、原則年収の3分の1までしか融資してはいけないという法律上のルールです。

法律で過度な貸し付けにより返済ができなくなるということを未然に防ぐためとなっています。

そのため、年収が300万円の場合は100万円までしか借り入れすることはできません。
借り入れ上限額を増やしたい場合は年収を上げる必要があります。

総量規制は、消費者のための規制なのでデメリットでもありメリットでもあります。

逆に総量規制に反した貸し付けを行っている業者は、高確率で闇金なので注意しましょう。

有人店舗がない

SMBCモビットには有人店舗がないため、対人窓口での契約ができない点がデメリットとして挙げられます。

有人店舗がある場合は、契約の流れを理解した職員のもとで手続きを行うことが可能ですが、SMBCモビットでは自分で手続きをしなければなりません。

一般的なカードローンとは異なり、場合によってはある程度の知識を備えていなければスムーズに手続きが終わらないといったことが想定されます。

しかし三井住友銀行内の無人契約機では、画面の流れに従い契約することも可能です。

手続きが不安な方は契約機で利用することでデメリットを解消できます。

無利息期間がない

消費者金融の中には、無利息期間を設けている企業もあります。

無利息期間があると、その期間内は利息がかからないというサービスです。

SMBCモビットには現時点で無利息期間はないため、設けている企業よりは利息が少しだけかかってしまいます。

たとえば10万円を年18.0%で借りた場合の利息は月1,500円程度です。

しかし、無利息期間を設けなくても利用者が多いということからも満足度の高い企業であることが分かります。

無利息が設けられていることをメリットと感じて他社で契約するよりもSMBCモビットは安心できるといえるでしょう。

SMBCモビットの返済について

SMBCモビットの返済方式は「借入後残高スライド元利定額返済方式」です。

以下のように最後の借り入れ時の残高によって返済額が決まります。

最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過、 20万円以下 8,000円
20万円超過、 30万円以下 11,000円
30万円超過、 40万円以下 11,000円
40万円超過、 50万円以下 13,000円
50万円超過、 60万円以下 16,000円
60万円超過、 70万円以下 18,000円
70万円超過、 80万円以下 21,000円
80万円超過、 90万円以下 24,000円
90万円超過、 100万円以下 26,000円

※実質年率18.00%(最高利用残高が100万円以上は実質年率15.00%)の場合。

※100万円超過の場合、最終借入後残高が20万円増すごとに、返済額が4,000円追加となります。

引用元:SMBCモビット返済

SMBCモビットの返済方法

SMBCモビットの返済方法は下記の4つ。

  1. 口座振替での返済
  2. 提携ATMでの返済
  3. 銀行振替での返済
  4. インターネットでの返済

金融機関や消費者金融によっては口座振替か、提携ATMでの返済しか対応していないこともあります。

SMBCモビットは4種類の方法があるため、自身に適している返済を選択できます。

対象の銀行口座

SMBCモビットの対象銀行口座は下記の4つです。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

いずれかの口座を持っている場合は、口座振替での返済が可能です。

口座振替の場合、毎月指定した日時で引き落としされるため負担の少ない返済方法となります。

提携ATM一覧

SMBCモビットの提携ATM(一部)は下記のとおり。

  • 三井住友銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • プロミスATM
  • セゾンATM
  • 第3銀行ATM
  • 福岡銀行ATM
  • 十八親和銀行ATM
  • 熊本銀行ATM

SMBCモビットでは、提携ATMからの返済も可能で三井住友銀行のATMでは手数料が無料になります。

SMBCモビットの返済日は?

SMBCモビットの返済日は、5日・15日・25日・末日の中から都合の良い日を1カ月に1回指定できます

指定した日を約定返済日といい、口座振替でも毎月の指定した約定返済日に返済額が引き落としされます。

SMBCモビットの審査に通りたいなら以下3つを再確認

最後に、SMBCモビットの審査を通過するために重要事項を再確認しておきましょう。

  • 信用情報にキズがないかよく再確認
  • 他社借り入れが年収の1/3以内であることを確認しておく
  • スーパーホワイトの場合は、クレジットを作ったりとヒストリーを貯めておく

自身が審査通過できるかを確認できる方法としてJスコアのデモスコア体験を試してみるといいでしょう。

J.Scoreの審査の5つのポイントとは?スコア診断で600点以上のスコアを出す為にJ.Scoreとは、ビックデータやAIの技術によって生み出された、新しいフィンテックの消費者金融のことです。 フィンテックとは? ...

必ず審査に通るとは限りませんが、スコアが600点以上の場合は、借り入れを行うことができる可能性が高いです。